胸元美人はバストアップで叶える|女性が思い描いた理想を現実に

女性

方法を理解する

医者

バストは女性の象徴と言われることもあり、大きさや形にコンプレックスを抱く女性は少なくありません。そのためバストアップをするために、豊胸手術を受ける人も多くいるのです。しかし、手術をしたことを周囲に知られたくないといった気持ちをもっている人も少なからずいます。そうした場合には徐々にバストアップしていくこともできるのですが、何度も手術を受けるのは体に負担がかかってしまいます。そこで体に負担をかけず、しかも極自然に大きくしていくためには、ヒアルロン酸の注入を利用すると良いのです。ヒアルロン酸によってバストアップする方法というのは簡単で、来院した当日に受けることもできますし、なんといっても15分程度と短時間で行えるのです。術後の痛みや腫れなども殆んどありません。10cc程からを行えますので、数回に分けて徐々にバストアップしていくのに最適な方法なのです。但し効果は3年程度となっていますので、希望の大きさになったところでプロテーゼの挿入に切り替えるようにします。こちらは半永久的に効果は続きます。このように段階を踏んで徐々にバストアップを行えば、周囲に手術をした事を気づかれることも少ないでしょう。また、大きな手術はプロテーゼの挿入時のみになるので、体への負担もさほどかからずに済むのです。プロテーゼではなく脂肪注入で行う場合には、希望の大きさよりも少々大きめにしておくと良いでしょう。というのも脂肪の定着率は5割程度ですので、時間の経過とともに多少小さくなることがあるのです。

近年では、バストアップのために手術を受ける人が増えてきています。その要因となっているのが、プチ豊胸手術でしょう。これはメスを使用せずに簡単に行えるため、気軽に受ける人が多くいるのです。しかしこれは、どうしても持続力という点では欠けてしまいます。自然と元に戻るといった安心感はあるものの、大きな状態で持続させたいという人も少なくありません。ですのでそうした場合には、脂肪注入やプロテーゼの挿入手術を受ける必要が出てきてしまうのです。ですがそうした大きな手術には、中々踏み切れない人も多くいます。そこで今後は、持続性の高いプチ豊胸手術も登場してくるのではないでしょうか。現在のプチ豊胸というのは、ヒアルロン酸を使用したものとなっています。これをもっと定着力の高い脂肪で行うようにすれば、持続力は高くなるでしょう。脂肪注入というのは、現在では自分の脂肪を使用していますが、人工脂肪などが開発されればこれも夢ではないような気がします。または自分の脂肪を保存しておける技術が生まれれば、いつでも気が向いた時にすぐに手術を受けられるでしょう。自分の脂肪を使う場合には、体型によってはバストアップできるサイズには制限があります。しかし保存しておくことができるようになれば、数回に分けて脂肪を抽出することもできるようになるので、そうしたデメリットも解消することが可能です。近年では医療技術も進化してきていますし、このような技術が開発されても不思議ではないような気がします。