胸元美人はバストアップで叶える|女性が思い描いた理想を現実に

女性

あなたのバストに合う豊胸

カウンセリング

バストアップは美容整形の中でも特に希望する女性の多い分野のひとつです。いろいろな種類があり、それぞれに長所と短所があります。その中で一番歴史が古く、現在でも行われているのはシリコンバッグを挿入する方法です。この方法の長所は、バストの大きさをおおむね希望通りにできるということです。バストアップ法の中には、ある程度の脂肪がないと施術できないものもありますが、このシリコンバッグ挿入法はやせた女性でも大丈夫です。短所としては、シリコンバッグがおよそ10年程度で劣化したり、体の組織と合わなくなったりすることがあり、その場合は取り出さなければならないということです。時が経つとバッグのまわりに被膜ができてカプセル状になったり、体内のカルシウムがバッグに沈着することで石灰化したりする現象が起こり得ます。このような、人工物を使用しない方法としては、脂肪注入法があります。これは自分自身の体から採った脂肪を用いる方法です。脂肪なので感触も柔らかく、寝るときも違和感がないのが特長です。ただ、もともとやせていて脂肪があまりない人の場合は、バストアップに十分な量の脂肪を採ることができません。また、狭い箇所に一度に大量の脂肪を注入すると、組織に定着せずしこりができることがあります。そのような大がかりなものよりもっと気軽にできる方法がよいという場合は、ヒアルロン酸注入法が簡単です。入院も不要で、傷跡も残りません。ヒアルロン酸は人体にも含まれる成分なので、適正量を注入すれば、時間の経過とともに身体に吸収されていきます。過剰に入れると脂肪の場合と同様しこりができるので、その点は注意が必要です。

このように、それぞれのバストアップ法にはメリットとデメリットがありますので、事前のカウンセリングで医師とよく相談し、理解した上で受けることが大切です。この中で脂肪注入法は、術後の手触りの自然さや寝たときの違和感のなさから、一定の評価を得ている方法です。ただ先述のように、量に気をつけないとしこりができるという点が従来問題となっていました。しかし最近、それを改善する方法が開発されてきています。それは、コンデンスリッチ豊胸と呼ばれるものです。これは自分の体から吸引した脂肪を、遠心分離によってしこりのできにくい状態にしてから注入するというものです。これにより脂肪が乳房の中で定着しやすくなるというメリットもあります。コンデンスリッチ豊胸は、やせている人から肥満型の人まで対応しています。さらにもうひとつ、しこりや石灰化の起こりにくい施術法として、脂肪幹細胞を注入するというものもあります。幹細胞を入れることにより、脂肪が生きたまま定着しやすくなるのです。こちらの場合は十分な量の脂肪が必要なため、やせ型の人には向いていません。脂肪幹細胞に加え、自分の血液から採取した血小板を注入することで、さらに定着率を高める方法もあります。このように、バストアップのための美容整形は日々進化しており、今後ともより安全性の高い方法が開発されていくことと予想されます。施術を受ける場合は、これら最新の方法に精通し、安全性を重視してくれる医師を選ぶことが重要です。できるだけカウンセリングを受けたその場で施術を決定することは控え、複数の医師から意見を聞いた上で、最適と思われる方法を決めるのがよいでしょう。